性器の殺菌にバルトレックス

性行為を行っている人は、性器に何らかのトラブルを感じることもあります。
この部分は非常にデリケートな部分なので、放っておくと後で大変なことになります。
したがって違和感を感じたときには早めに病院に行くようにします。
性器に何らかの雑菌が付着したときには、性器に小さな水疱ができてひりひりと痛むことがあります。
これは性器ヘルペスと言われるもので、ヘルペスウイルスが関係しています。
一度このウイルスに感染すると、ウイルスを完全に体から取り除くことはできません。
したがって疲れたりして体が弱ったときには再発してしまうと言うことが多いです。
日本人の5パーセントから10パーセントがこの病気に感染したことがあるとされています。
男性の場合も女性の場合も、感染してから2日から10日くらいで水疱ができてひりひりと痛み出します。
この水疱は数日の間につぶれて乾燥して2週間ほどで自然に治りますが、症状が治まった後も疲労などが重なると再発してしまいます。
この症状を抑えるため性器の殺菌にバルトレックスというものが多く使われています。
バルトレックスはヘルペスウイルスが増殖するためのDNAの複製を阻害して、増殖を防ぐ作用があります。
すなわちヘルペスの抗ウイルス薬となっています。
この薬は症状が比較的軽い時期に使用すると、その効果はとても大きくなります。
また使用する量も少なく短期間で治療をすることができます。
したがって早めに対応をすることが大切なのです。
性器の殺菌にバルトレックスを使う場合には、1日500ミリグラムを1錠飲むようにします。
このほかには水痘や帯状疱疹にも効果があるとされています。
薬を服用する際には、医師の指示に従って服用するようにします。
また、以前別の病気で処方されたジスロマックをヘルペスの治療に独断で流用する方もいますが、ジスロマックは抗生物質ですのでヘルペスウイルスには効きませんのでご注意ください

↓詳しくはこちら↓
バラシクロビル 購入