女性器・男性器の悩み相談所

家族や友人には相談しづらい性器に関する様々な悩みにお答えいたします。

Q&A

多発性骨髄腫、エイズと感染症について

多発性骨髄腫やエイズになると免疫力が落ち、体力が低下するため様々な病気や感染症にかかりやすくなります。多発性骨髄腫やエイズの人が感染症を患ってしまった場合、健康な人よりも症状が重くなり、人によっては亡くなってしまう事もあります。このような病気を持つ人は日頃から規則正しい生活や手洗いやうがい等の予防を行い感染症にならないように注意する事が大切です。

規則正しい生活をする女性

周囲の人間も多発性骨髄腫やエイズを患っている人を理解し、危険な状況に陥らないように気をつけるべきです。
自分で気をつけていても感染症にかかる事はあります。そのような持病のある患者は少しでも異変を感じたらすぐに医療機関を受診し、医師の適切な指示を受けた方が良いです。早めにそれを受ければ症状が軽い段階で食い止める事が出来ます。重篤化し、長期間にわたって苦しまなくても良いです。
健康な体の人であっても感染症になれば心身に大きなダメージをもたらします。多発性骨髄腫やエイズを持っている人がなった場合は健康な人よりも大きなダメージを心身にもたらす事になります。早めに医療のケアを受ける事が出来ればダメージを最小限で食い止める事が出来ます。
多発性骨髄腫やエイズの患者が感染症になってしまった場合、命を落とすリスクが健康な体の人よりも大きいです。しかし、必要以上に病気や健康被害を恐れる事はないです。普通に生活をしていれば大きな問題に直面する事はないです。また、すぐに医療機関でケアを受ければ感染症にかかってもすぐに回復し、元気に社会生活を営む事が出来ます。これらの患者はリスクを頭に入れておいた方が安心ですが、必要以上におびえる事はないです。
自己管理である程度はリスクを回避出来ます。