女性器・男性器の悩み相談所

家族や友人には相談しづらい性器に関する様々な悩みにお答えいたします。

Q&A

感染症の検査を千葉市のクリニックで受けて湿疹と診断

皮膚疾患はすべて感染するわけではありません。
湿疹に関しても、汗が原因となる汗疹もあれば、子供に見られるアトピーもあります。
すべてに感染性があるわけではなく、危険性の少ない症状も多いのです。

感染症である皮膚疾患に関しては、他人に感染させないためにも早期の治療が必要です。
千葉市で感染症の治療をするなら皮膚科で検査を受けるのが好ましいですが、性感染症は泌尿器科に行くのがよいです。
感染性があるかどうかは素人には判断できないので、千葉市のクリニックで医師に診断してもらいましょう。
ヘルペスだと思っていたら、ただの湿疹だったというケースもあります。
感染性のない湿疹ならば、パートナーとの性行為でも心配する必要はありません。

ただし、湿疹が発生する場合は免疫力が低下していることが多いです。
ビタミン不足、乾燥などが原因となるケースもあり、肌状態も好ましくありません。
こうした状態では感染症にかかるリスクも高いため、パートナーが性感染症を患っている場合は感染してしまうケースがあります。
感染症に対抗してくれるのが免疫力であり、この力が弱い方ほど感染リスクは高くなります。
風邪やインフルエンザにかかりやすい方、体調を崩しやすい方などは免疫が弱いと考えていいでしょう。
免疫を高めるためには、身体を冷やさないことが大切です。
身体は冷えた部位から不調が起こる仕組みになっています。
しもやけ、腰痛なども冷えた部位から発症するはずです。
逆に温かい部位に関しては病気が発症しにくいのです。
心臓がんがほとんど見られないことからもそれは証明されています。
千葉市のクリニックでは、感染症の予防対策、免疫力向上のための生活改善などの指導も行っています。